福袋

おすすめワイン

生産地

品種

泡・スパークリング

年代

 

トップ > おすすめワインと生産者

会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【Ultreia Saint Jacques】

第13回 スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州
【ビエルソ】
Ultreia(もっと前へ)! 〜野性的でエレガント、アドヴォケイト誌も認めた天才醸造家

✿ スペイン 内陸部 カスティーリャ・イ・レオン【ビエルソ】

マドリッドの北、スペイン一(いち)広大な面積を持つ州、カスティーリャ・イ・レオン州。
カスティーリャ(城)が示すように、多くの城跡、7つの世界文化遺産を有しています。
主に大陸性気候で、「夏と冬しかない」と評されるほど、酷暑と厳しい寒さの冬が続き、一日の寒暖差も大きいのが特徴です(ごく一部は地中海性気候)。

ビエルソはドゥエロ川流域から離れたガリシア州との州境の産地です。
400m〜800mの峻険な山地に葡萄畑が存在しています。近年、メンシア種(黒ブドウ)からのワイン作りが成功し、「冷涼感があり高品質」と評価を得ています。




✿ Wine Naviではこんなワインを取り扱っています。

《ラウル・ペレスに強い影響を与えたスペインを代表する醸造家の一人、アルバロ・パラシオスのワイン》

◯ Finca Dofi(フィンカ ドフィ)
  作り手:Albaro Paracios(アルバロ・パラシオス) タイプ:赤ワイン, 産地:プリオラート(D.O.Ca)

◯ Propiedad(プロピエダッド)
  作り手:Paracios Remondo(パラシオス・レモンド) タイプ:赤ワイン, 産地:リオハ(D.O.Ca)





“今回おすすめするワインの生産者はこちら”



Raul Perez ラウル・ペレス

ワイン・アドヴォケイト誌(※)から「天才醸造家」と称賛を受けたラウル。
ビエルソに広い葡萄畑を持つ一族に生まれた(1972年)彼は醸造学を学び、1996年より醸造家としてのキャリアをスタートさせました。
スペインを代表する醸造家アルバロ・パラシオスに醸造所と葡萄を提供する機会を得て、彼のワイン作りに深い感銘を受けたラウルは、現在のスタイルへの大きな転換となりました。
ぶどうの成熟状態を深く観察し、よりナチュラルな醸造方法を最優先事項に置いたラウルのワイン作り。
彼は現在、ポルトガル、南アフリカでもワイン作りを進めています。
なんとコンサルタント料を貰う代わりに、彼が土着品種の葡萄でワイン作りをすることを対価とし、そのワインが次々に高い評価を得るという、まさに「天才」の名に相応しい、スペインワインの新しい潮流を巻き起こしている1人です。

※ロバート・パーカー氏が主宰したワイン雑誌。パーカー・ポイントというワインの評価を点数化した事でも有名。




“おすすめする1本です”


2016 Ultreia Saint Jacques
Raul Perez

2016 ウルトレイア サン ジャック
ラウル・ペレス

 

○ タイプ:赤ワイン
○ 品種:メンシア 100%


柔らかい果実味となめらかなタンニン。
プラムやダークチェリーを思わせる香りと、フレッシュな赤いバラのニュアンス。
メンシアという土着の品種はサンティアゴ・デ・コンポステーラ(※)の巡礼者よりこの土地に持ち込まれたと言われています。

「Ultreia(もっと前へ)!」は巡礼の道中、巡礼者へかける挨拶の言葉。
Ultreiaのシリーズの中で、このスタンダードなSaint Jacquesの作りが一番神経を使うとラウルは言います。
新樽をほとんど使わないため、葡萄の出来、醸造の良し悪しがダイレクトに表れてしまうからです。
メンシア種の樹齢70〜80年の古木にこだわり、「繊細さのない葡萄には興味がない」とも言っています。
素朴で自然ながらも、どこか野性的でエレガントなワインを、どうぞお試し下さい。

※サンティアゴ(スペイン語)=Saint Jacques(フランス語)=聖ヤコブ(日本語)

※ヨーロッパのキリスト三大巡礼地の一つ。千年以上の歴史を持ち、複数の巡礼路があるが、主にフランス各地からピレネー山脈を経由し、スペイン北部を通る800辧900劼瞭残。文化遺産。



 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【Flor de Pingus(フロールデピングス)】

第12回 スペイン・カスティーリャ・イ・レオン州
【リベラ・デル・ドゥエロ】
ウニコと並び評される『Pingus(ピングス)』のセカンド・ワイン

❖ スペイン 内陸部 カスティーリャ・イ・レオン【リベラ・デル・ドゥエロ】

マドリッドの北、スペイン一(いち)広大な面積を持つ州、カスティーリャ・イ・レオン州。
カスティーリャ(城)が示すように、多くの城跡、7つの世界文化遺産を有しています。
主に大陸性気候で、「夏と冬しかない」と評されるほど、酷暑と厳しい寒さの冬が続き、一日の寒暖差も大きいのが特徴です(ごく一部は地中海性気候)。

リベラ・デル・ドゥエロは州を東西へ流れるドゥエロ川流域のワイン産地です。
渓谷の両岸に葡萄畑があり、標高が高く、平野部でも750〜800m、最大では900mを超えるほどです。
2000年と古いワイン作りの歴史はありますが、1980年代まではベガ・シシリア(ウニコの生産者)がボデガを構えるのみでした。1982年にDOに認定されると、著名な生産者が増え、現在ではスペインを代表するワイン産地となっています。



❖ Wine NaviではこんなPingus(ピングス)のワインを取り扱っています。

  •  ◯ Dominio de Pingusのフラッグ・シップ
  •    Pingus(ピングス)

※ピングス=オーナーのファーストネーム、ピーターのスラング。

☆ より詳細な情報はこちらから ☆




“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


Dominio de Pingusu
ドミニオ・デ・ピングス

1995年設立。オーナーでありワインメーカーのピーター・シセック氏はデンマーク出身。
CH.ド ヴァランドローで研鑽を積んだ彼はリベラ・デル・ドゥエロに畑を求めました。
当時、多くのブドウ農家は無理に生産量を増やしたり、収穫量の落ちた古木(こぼく)を引き抜くなど質よりも量を追求するようなワイン作りの現状でした。
彼はそんな状況を改善するために惜しみなく尽力、また初リリースのPingus(ピングス)はパーカー・ポイント「98点」をいきなり獲得しました。
センセーショナルなデビュー、また、1997年には輸出の運搬中に彼のワインを乗せた船が沈没してしまうなど、 入手が極めて難しい、幻の「カルト・ワイン(※)」としてマニアの垂涎の的となりました。

農業技術の革新、古木の保護など、彼のリベラ・デル・ドゥエロの支援は現在も継続中です。

※カルト・ワイン:主にナパ・ソノマの入手困難な超高額ワイン。現在では「ワイン愛好家が崇拝するようなワイン」といった意味合い。




“おすすめする1本です”


2014 Flor de Pingus
Dominio de Pingus

2014 フロール デ ピングス
ドミニオ・デ・ピングス

 

○ タイプ:赤ワイン
○ 品種:テンプラニーリョ(ティント・フィノ)

※ティント・フィノはリベラ・デル・ドゥエロでのテンプラニーリョの呼び名


Pingusのセカンド・ワイン。
凝縮感やヴォリュームというよりも、端正でエレガント、奥行きのある余韻の長い味わいです。
美しい酸と豊かな果実味、カシスや黒い果実を思わせるシルキーなタッチは絶妙なバランスで、一見「軽い?」と思われるかもしれません。
しかし、ゆっくりと花開くように立ち上る香りや、アフターの紅茶、ドライのプラムの複雑味は、テンプラニーリョの可能性を感じられる完成度の高いワインです。



 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【Rioja CVNE Vina Real Crianza】

第11回 スペイン・リオハ
【ヴィーニャレアルクリアンサ】
ハイ・コストパフォーマンスな『スペイン王室御用達!』

⚑ スペイン 北部 Rioja(リオハ)

19世紀後半、それまでの早飲みタイプのワインから、ボルドー式の醸造技術が導入され、オークの小樽で醸造するなど 高級ワインのベースとなる伝統がリオハにもたらされました。その後、内乱、大戦とスペインのワインビジネスは打撃を受けましたが、1970年以降、再度、発展を遂げました。
1991年、リオハはスペインで最初のDOCa=特選原産地呼称を獲得。 2000年代になると抽出が強く、新樽率の高いモダンスタイルが現れましたが、現在では本来のリオハらしいテンプラニーリョの酸味に支えられた、バランスの良いエレガントなスタイルへと変わりつつあります。

※DOワインの中から、厳しい基準で昇格が認められた高品質なワイン。2009年にはプリオラートも認定された。



⚑ Wine Naviではこんなリオハのワインを取り扱っています。

  •  ◯ Vina Real Crianza Blanco Fermentad en Barrica(タイプ:白・作り手:CVNE クネ)
  •  ◯ Muga Blanco (タイプ:白・作り手:Muga ムガ)
  •  ◯ Edicion Limitada (タイプ:赤・作り手:Ramon Birbao ラモン・ビルバオ)
  •  ◯ Marques de Caceres Reserva(タイプ:赤・作り手:Marques de Caceres マルケスデカセレス)
  •  ◯ Propiedad (タイプ:赤・作り手:Paracios Remond パラシオス・レモンド)



“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


SimCVNE(クネ)

CVNE(クネ)社は1879年設立。リオハを代表するボデガ(ワイナリー)です。
本来はC.V.N.Eですが、どうして「クネ」と発音するのでしょうか?
それは当初ラベルの単純なスペリングミス(V→U)というのがユニークです。
しかし、その実力はスペイン王室御用達、フェリペ皇太子の結婚式にワインを提供するなど、まさに「Real(レアル)=ロイヤル」なワイナリーです。

<CVNEの所有するワイナリーのひとつ、ヴィーニャ・レアルは100周年を迎えました>



また、その最新技術を取り入れたな醸造所は「芸術的」とも称賛されています。
五代目当主ビクトールは「最高のワインを作ること」と「最高のワインを知ってもらうこと」を掲げ、醸造チームに積極的に女性を登用するなど、真のリオハワインの伝統と革新を追求しています。

<エッフェル塔の建築家フィリップマジエール氏による「芸術性」と「機能」を兼ね備えたカーヴ>




“おすすめする1本です”


2015 Vina Real Crianza
CVNE

2015 ヴィーニャ・レアル クリアンサ
クネ

 

○ タイプ:赤ワイン
○ 品種:テンプラニーリョ90%、ガルナッチャ、グラシアーノ、マスエロ


CVNEの所有する4つのブランドの一つ、ヴィーニャ・レアルは「王の道(カミノレアル)」が畑に近い事から付けられた名前です。
抜群の栽培環境から手摘みされた葡萄を、アメリカン・オークで14か月、瓶内熟成10か月を経て出荷されます。クリアンサのカテゴリーではありますが、長めの熟成によるきめ細やかなタンニンと黒いベリーを思わせる強い果実味が、スペインワインの魅力を十分に伝えてくれます。
黒い胡椒のスパイシーなニュアンスがアフターに感じられる、コストパフォーマンスの高いワインです。



 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【サヴィニーレボーヌ Simon BIZE】

第10回 フランス・ブルゴーニュ
【Savigny Les Beaune Rouge】
『夫亡きあと、ブルゴーニュの伝統を守る日本人女性の矜持(きょうじ)』

✿ コート・ド・ボーヌ地区 Savigny Les Beaune

コート・ド・ボーヌはコート・ド・ドール丘陵地帯の南側、比較的緩やかな傾斜に畑は広がっています。
世界に知られた白ワインの銘醸地、シャサーニュ、ピュリニー・モンラッシェ、コルトン・シャルルマーニュはこのコート・ド・ボーヌ地区にあります。
赤ワインと白ワインの生産量は6:4、優れた赤ワインも生み出されます。
アペラシオンはサヴィニーレボーヌ村と小さな川を隔てた二つのパートから成り、コルトンの丘側とボーヌの丘側で若干、スタイルは異なります。
コルトンの丘側は果実味が濃くて男性的、ボーヌ側の丘側は繊細で女性的と言われています。



✿ Wine Naviではサヴィニーレボーヌのワインを取り扱っています。

  •  ・ Savigny Les Beaune Rouge (作り手:TOLLOT-BEAUT トロ・ボー)
  •  ・ Savigny Les Beaune 1er Cru Les Fournaux (作り手:Simon BIZE シモン・ビーズ)
  •  ・ Savigny Les Beaune 1er Cru Aux Vergelesses (作り手:Albert MOROT アルベール・モロ)



“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


Simon BIZE サヴィニーレボーヌ 

<5代目としてドメーヌを切り盛りするBize・千砂さん>


ドメーヌの創立は1880年。3代目のシモンは栽培、醸造に優れ、ドメーヌ元詰めを決意。
戦時中の苦しく困難な中の事でした。彼に倣い、元詰めを始めた生産者たちのワインはそれまでの樽売りの頃よりも、飛躍的に向上しました。

1972年、4代目を引き継いだパトリックはドメーヌの名声を高め、やがてラトリシエール・シャンベルタン、コルトン・シャルルマーニュと赤白2つのグラン・クリュを手に入れました。
1998年、パトリックは日本人女性、伊藤千砂さんと結婚。彼のエレガントなワインは瞬く間に日本でも人気となりました。Savigny Les Beauneという比較的、地味なアペラシオンを広めた立役者とも言えるでしょう。

2013年、突然のパトリックの死。彼女は夫の死後、義理の妹マリエル(ドメーヌ ジャン・グリヴォーに嫁いだ)と共にドメーヌを支え、ワインの変わらぬ品質と魅力を保っています。



醸造する時に葡萄の梗(こう)を除くことを「除梗(じょこう)」といいます。
葡萄の房すべてを使用する場合は「全房発酵(ぜんぼうはっこう)」。
シモン・ビーズでは基本的に全房発酵ですが、天候によって葡萄の熟成が足りない年には、一部を除梗します。
全ては、優雅で繊細、緻密なワインを目差して、葡萄を見極め、最適な方法を選択しているのです。



“おすすめする1本です”


2015 Savigny Les Beaune Aux Grands Liards
Simon BIZE

2015 サヴィニーレボーヌ オー グランリヤール
シモン・ビーズ

 

○ タイプ:赤ワイン
○ 品種:ピノ・ノワール100%


今でもピジャージュ(果実を粉砕するために足で踏む)を人力でするのは、葡萄にストレスをかけず、余計な抽出を極力、抑えるため。
樽も新樽はほどんど使用せず、1〜6年の樽を状態に応じて使い分けます。
色調は軽やかなスミレ色ですが、華やかな香りは赤いバラと黒い果実を思わせます。
程よいタンニンと酸が輪郭を引き締め、長く印象的な余韻を感じさせる味わい。
エレガントで豊かな果実味、ピノ・ノワールの魅力あふれるワインです。



 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【フランチャコルタ】

第9回 イタリア・ロンバルディア州・フランチャコルタ
【Bellavista Alma Gran Cuvee Brut 】
★華やかなモードの発信地の美食を支える職人達のAlma(アルマ)

● ロンバルディア州・フランチャコルタ

ロンバルディアはイタリアの北西部に位置し、最も豊かで、ファッション、商業の中心地ミラノを有している州です。
ミラノから車で1時間程の所に高級スパークリングワインの産地フランチャコルタはあります。

気候は点在する湖のおかげで温暖、またアルプスのカモニカ谷からの冷涼な風が吹き、 独自のミクロクリマを形成しています。土壌は水はけのよい氷堆石土壌(氷河が運んだ堆石)と 恵まれた条件によって、ぶどうは完璧な状態に成熟します。
シャンパーニュと同じように、フランチャコルタで収穫された3つの葡萄品種、 シャルドネ、ピノ・ネロ、ピノ・ビアンコを使い、瓶内二次発酵されたスパークリングワイン(スプマンテ) だけが、「フランチャコルタ」を名乗れるのです。

※ミクロクリマ:限定された地域へ、川、山、地形などが与える影響からくる微気候(びきこう)のこと。



● Wine Naviではこんなフランチャコルタを取り扱っています。

  •  ・ NV Ca'Del Bosco Franciacorta Cuvee Prestige(カデルボスコ)
  •  ・ NV Castello Bonomi Franciacorta Gran Cuvee(カステッロ・ボノミ)
  •  ・ 2010 Castello Bonomi Franciacorta Millesimato Dosage Zero(カステッロ・ボノミ)



“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


Bellavista ベッラヴィスタ

Bellavistaは1977年創立。フランチャコルタ自体が1961年にワイン産地として認められ、1995年にDOCGに認定、と歴史は決して長くはありませんが、Bellavista社の信念に妥協は一切ありません。


【Bellavistaは2004年より、ミラノ・スカラ座の名誉あるオフィシャル・サプライヤーを務めています。】


10以上の地域からなる100以上の区画(すべて自社畑!)から厳選したキュヴェを慎重にブレンドし、Cuvee Alma(アルマ)は作られます。また、香りに複雑さを与えるリザーヴ・ワインは6〜9年ものという贅沢さです。
広大な畑の収穫は全て手摘み、100万本以上のルミアージュ(動瓶)も全て職人による手作業。Bellavistaが一番スタンダードなこのキュヴェに「Alma」=「愛情のこもった」と名付けた 所にイタリア人のプライドが表れている様です。

【ルミアージュ(動瓶)】
瓶内二次発酵の最後の5〜6週間、ボトルを1/8ずつ回転させ、澱を口元まで集めます。



“おすすめする1本です”


NV Bellavista Alma Gran Cuvee Brut

ベッラヴィスタ アルマ グラン キュヴェ ブリュット

 

○ タイプ:スパークリング(白) 
○ 品種:シャルドネ80%、ピノ・ネロ19%、ピノ・ビアンコ1%


Bellavistaが求め続ける「完璧な調和」。
包み込むような果実味と、きめ細やかな泡立ち。開けた瞬間から立ち上る華やかな 香りは、良く熟した洋ナシ、ヴァニラ、白い花のフローラルなニュアンス。
通常NVは18か月の瓶内熟成の所、Alma Cuveeは48か月間の長い熟成を経て、出荷されます。



 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【ナパ・シャルドネ】

第8回 アメリカ・カリフォルニア
【Hyde de Villaine Carneros Chardonnay ハイドドヴィレーヌ カーネロス シャルドネ】

★ ナパ・Carneros/Los Carneros (AVA)カーネロス/ロスカーネロス

ナパはカリフォルニア、ノース・コースト(サンフランシスコ湾より北の太平洋岸)に内包され、 ソノマと並ぶ主要で、名高いワイン産地です。

カーネロスは東半分はナパに属し、西半分はソノマに属す冷涼な地域です。サンパブロ湾に近接し、 常に海風が吹き、時には朝霧も発生します。夏の最高気温も約27℃が上限と低いため、シャルドネ、 ピノ・ノワールの品質が高い事でも有名です。

☆カーネロスの黄金色に色づくぶどう畑☆


★ Wine Naviではこんなナパのワインを取り扱っています。

  •  ・ Chardonnay Napa (作り手:Ch.Montelenaシャトーモンテリーナ)
  •  ・ Special Selection Cabernet Sauvignon (作り手:Caymusケイマス)
  •  ・ One Point Five Napa Valley (作り手:Shaferシェーファー)
  •  ・ Dominus (作り手:Dominus Estateドミナス・エステート)
  •  ・ Overture (作り手:Opus One Wineryオーパスワン・ワイナリー)
  •  ・ Fay Estate Cabernet Sauvignon (作り手:Stag's Leap スタッグスリープ)

*他、有名生産者のワインが多数あります!



“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


[Hyde de Villaine]ハイド ド ヴィレーヌ

「ハイドドヴィレーヌ」は有名ワイナリーにぶどうを供給していたラリー・ハイド氏(ハイド・ヴィンヤード)とDRCの共同経営者、オーベルドヴィレーヌ氏が2000年に立ち上げたワイナリーです。

〈ラリー・ハイド氏〉


〈オーベル・ド・ヴィレーヌ氏〉

二人を結び付けたドヴィレーヌ氏の妻、パメラ夫人はラリー・ハイド氏のいとこ。
ドヴィレーヌ氏は自国フランスではDRCの共同経営の傍ら、 ブーズロンの自身のドメーヌで土着のアリゴテ・ドール種を使い、品質を飛躍的に向上させ、それまでのアリゴテのイメージを一新しました。
ハイドドヴィレーヌではVTによっては樽を一切使わないキュヴェを作るなど、余計なテクニック、不自然な味付けを排除した、自然でエレガント、ぶどうの可能性を最大限に引き出すワインを生み出しています。



“おすすめする1本です”


2014 Carneros Chardonnay
Hyde de Villaine

2014 カーネロス シャルドネ 
作り手:ハイドドヴィレーヌ

 

○ タイプ:白ワイン 
○ 品種:シャルドネ100%

 

熟した桃やライチ、アプリコットのニュアンス、たっぷりとした果実味を 感じながらも、凛とした美しい酸やミネラルを合わせ持つ味わいです。
アメリカのワインはどうも重くて。。。というイメージを塗り替えるおすすめの1本です♪



 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【オレゴン・ピノノワール】

第7回 アメリカ・オレゴン
【Pinot Noir Evanstad Reserve・Domaine Serene(ドメーヌ・セリーヌ)】
オレゴンの自然の恵みと緻密な仕事から生み出されるシルキーなワイン☆

◯ オレゴン・Willamette Valley (AVA) ウィラメット・ヴァレー

オレゴンは冷涼気候から生まれる高品質のピノ・ノワールの産地として、世界的に注目を集めています。
多くは家族経営の小規模なワイナリーですが、特にウィラメット・ヴァレーはパイオニア的生産者が集中しています。
冷涼なオレゴンの中でもウィラメット・ヴァレーは海側の風が急速に温度を下げ、ぶどう畑を乾燥させ、健全な状態を保つとともに、果実にフレッシュな酸を与える事に貢献しています。


◯ Wine Naviではこんなオレゴンのワインを取り扱っています。

  •  ・ Oregon Chardonnay Arthur (作り手:Domaine Drouhin)
  •  ・ Oregon Pinot Noir (作り手:Domaine Drouhin)
  •  ・ Pinot Noir Mt.Jefferson Cuvee Willamette Valley (作り手:CRISTOM)
  •  ・ Beaux Freres Pinot Noir Wilamette Valley (作り手:The Beaux Freres Vineyard)



“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


[Domaine Serene]ドメーヌ セリーヌ

1989創立、ドメーヌ名「セリーヌ」はお嬢さんの名前から付けられました。
ワインスペクテーター誌、デカンタ誌の数々の受賞歴やメディアの称賛からも、その実力は明白です。ワインのレベルの高さもその味わいから伺えますが、驚くべきはその緻密な仕事にありました。
畑を気温や土壌、ぶどうの成熟度に合わせ細かく区切り(年によっては最大250区画!)、収穫も区画ごとに厳密に行い、使う樽もそのキュヴェごとに素材やトーストを変える徹底ぶり。
樽の仕様も約70種類にわたり、キュヴェの魅力を最大限に引き出すものが選ばれます。
約1年をかけて、発酵、熟成の段階が進むたびに、熟練のブレンダーが何度も何度もテイスティングを重ねます。
イメージに合わないヴィンテージは、上級キュヴェは作らず、すべてベーシックなラインのワインにブレンドしてしまいます。
彼らのワイン作りの哲学は「ブレンドの芸術」と言えるでしょう。

〈ブレンダーがテイスティングするためのサンプル・ボトル達。〉


〈整然と並べられ、静かに熟成を待つワイン〉



“おすすめする1本です”


2015 Pinot Noir Evanstad Reserve
Domaine Serene

2015 ピノノワール エヴァンスタッド リザーヴ
作り手:ドメーヌ セリーヌ

 

○ タイプ:赤ワイン 
○ 品種:ピノ・ノワール100%

 

立ち上る華やかな香り、凝縮感がありながらも雑味のないシルキーなタッチ。
黒いベリーとバラ、スミレのニュアンスと滑らかなタンニン、長く深い余韻が印象的なワインです。
彼らはピノ・ノワールを「The Princess of Grapes(ぶどうの王女)」と呼び、収穫から圧搾、熟成、ボトリングとひときわ大事に扱います。
緻密な仕事の集大成、ぜひお召し上がりください。



 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【プイィ・フュメ】

第6回 フランス・ロワール渓谷地方
【Pouilly Fume プイィ・フュメ】
『フランスの庭・ロワール川上流の爽やかな贈り物』

☆サントル・ニヴェルネ地区 プイィ・フュメ

ロワールは11〜15世紀の古城が点在し、「フランスの庭」とも例えられる美しい地方です。
ロワール川は全長1000勸幣紊傍擇屮侫薀鵐杭把垢硫論遏この流域に広がるワイン産地はフランス第四位の面積を誇り、多彩なスタイルのワインを生み出します。
そのロワール川上流、中央フランス地域に位置するサントル・ニヴェルネ地区。ロワール川を挟んで、左岸にSancerre(サンセール)、右岸にPouilly Fume(プイィ・フュメ)が位置しています。


☆Wine Naviではこんなワインを取り扱っています。

  •  ・ Sancerre La Reine Blanche(作り手:Jean REVERDY et Fils)
  •  ・ Pouilly Fume Les Cris(作り手:CAILBOURDIN)
  •  ・ Pouilly Fume Les Cornnets (作り手:CAILBOURDIN)
  •  ・ Pouilly Fume Cuvee de Boisfleury(作り手:CAILBOURDIN)
  •  ・ Pouilly Fume Les Triptyque V.V.(作り手:CAILBOURDIN)



☆ 今回おすすめするワインの生産者はこちら ☆


[ドメーヌ A. カイユブルダン]

ワインに「テロワール」を忠実に表現するための努力を惜しまないカイユブルダン親子。
作り出すワインの4つのキュヴェはそれぞれのテロワールを味わいに落とし込むために、余計な手を加えず、それぞれの特徴を「ワインの魅力」に変え、思わず「ソーヴィニヨン・ブランてこんなに美味しかった?」と嬉しい驚きと再発見をもたらしてくれる、実直な作り手です。

〈トリプティークには樹齢70年以上のぶどうも使われています。〉



☆ おすすめする1本です ☆


2014 Pouilly Fume Les Triptyque (Vieilles Vignes)
CAILBOURDIN

2014 プイィ・フュメ レ トリプティーク (ヴィエイユ ヴィーニュ)
作り手:カイユブルダン

 

○ タイプ:白ワイン 
○ 品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%

 

キンメリジャン期の泥炭土と火打石の混じった土壌。
樹齢の古い(70年以上!)ぶどうから作られる、4つのキュヴェの中ではもっとも凝縮感の感じられる味わい。
使用する新樽は25%と多くはなく、いきいきとした果実の魅力を引き立てるためのアクセントとなっています。

良く熟したオレンジのニュアンス、香りの余韻は長く、ソーヴィニヨン・ブランらしいフレッシュな酸が 追いかけてくる、飲み飽きないワインです。


 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【コートデュローヌ地方・コンドリュー】

第5回 フランス・コートデュローヌ地方
【Condrieu(コンドリュー) E.GUIGAL】
『 Viognier(ヴィオニエ)の最高峰・コンドリュー 』

♦Cote du Rhone地方 ・Condrieuコンドリュー

コートデュローヌ地方の北部に位置するコンドリューはViognier(ヴィオニエ)100%の白ワインのみのA.O.Cです。
傾斜が急な斜面に植えられたViognierから、アロマティックで豊満なワインが生まれます。
現在ではフランスの南西部、ニューワールドでもViognierは作付けされていますが、病気の耐性や酸のバランスをとるのがとても難しく、 真の魅力を表現するのは簡単ではありません。

*アロマティック=フランス語:香り高い


〈ギガル社のドリアーヌの急傾斜の畑。この標高が酸を生み、ワインに奥行を与える。名実ともに”最高峰”といえる。〉


♦Wine Naviではこんなワインを取り扱っています。

【E.GUIGAL社のワイン】

  •  ・ Cotes du Rhone Blanc(白)
  •  ・ Cotes du Rhone Rouge(赤)
  •  ・ Crozes Hermitage Blanc(白)
  •  ・ Crozes Hermitage  Rouge(赤)
  •  ・ Chateauneuf du Pape(赤)
  •  ・ Cote Rotie Ch.d’Ampuis(赤)
  •  ・ Ermitage Rouge Ex Voto(赤)
  •  ・ Hermitage Blanc(白)
  •  ・ Hermitage Rouge(赤)
  •  ・ Saint Joseph Blanc(白)
  •  ・ Saint Joseph Rouge(赤)
  •  ・ Saint Joseph Vigne de l’Hospice Rouge(赤)
  •  ・ Tavel Rose(ロゼ)
 

✿ 今回おすすめするワインの生産者はこちら ✿


[イー・ギガル]

創立は戦後間もない1946年。わずか70年の間に急成長を遂げたギガル社。
「ギガルの三つ子、ラ・ムーリーヌ、ラ・ランドンヌ、ラ・トゥルク」はギガルの名声を確固たるものにしました。
上級キュヴェばかりに目が向きがちですが、もっともベーシックなコートデュローヌにさえ、赤はシラー種、白はヴィオニエ種を贅沢にブレンドし、コスト・パフォーマンスにおいても最高です。
品質に妥協を許さないギガル社は現在、醸造学のディプロマを持った3代目のフィリップが全権を担っています。



✿ おすすめする1本です ✿


2016 Condrieu
E.GUIGAL

2016 コンドリュー
イー・ギガル

 

○ タイプ:白ワイン 
○ 品種:ヴィオニエ100%

 

ねっとりとしたアルコール感とライチ、白桃、白いバラのようなアロマティックな香り、そしてエレガントな酸がおいかけてくる余韻の長いワイン。
1/3使われた新樽が複雑さと骨格をワインに与え、豊かな果実感との絶妙なバランスをとっています。


 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本
 〜【苦労人のロゼは甘くない!ブルゴーニュ・マルサネ ロゼ】

第4回 フランス・ブルゴーニュ【Marsannay Rose】
“苦労人のロゼは甘くない!”
『 Domaine Bruno CLAIR ドメーヌ ブリュノ・クレール』

◎コートドニュイの北の玄関口 Marsannay

マルサネは、南へフィサン、ジュヴレシャンベルタン、モレサンドゥニへと続くコートドニュイ地区の玄関口といえます。
そんな約束されたピノ・ノワールの産地で唯一「赤、白、ロゼ」がA.O.Cとして認められているのがMarsannay(マルサネ)です。

 

◎Wine Naviではこんな生産者のマルサネのワインを取り扱っています♪

Marsannay Rouge Domaine Bruno CLAIR
⧫タイプ:赤ワイン
⧫品 種:ピノノワール100%


Marsannay Blanc Domaine Bruno CLAIR
⧫タイプ:白ワイン
⧫品 種:シャルドネ100%



“今回おすすめするワインの生産者はこちら★”



Domaine Bruno CLAIR[ドメーヌ ブリュノ・クレール]

今でこそDomaine Bruno CLAIRといえば、シャンベルタン・クロドベーズ、をはじめコートドニュイ地区、コートドボーヌ地区において主要なグランクリュ、プルミエクリュを数多く所有し、その多くのワインにおいて高い品質を保っています。

しかし、彼のワイン作りのスタートは決して恵まれた状況ではありませんでした。
名門クレール・ダユに生まれながら、祖父ジョセフ(マルサネ・ロゼの発案者)の死後、その所有畑のほとんどは親族に細分化され、十分に受け継ぐ事はできませんでした。
その後、根気強く親族を説得しながら、売りに出された畑を買い戻し、荒れた畑を整え、現在の珠玉ともいえるワインを作り出すに至ったのです。



“おすすめする1本です♪”


2016 Marsannay Rose
Domaine Bruno CLAIR

2016 マルサネ ロゼ
ドメーヌ ブリュノ・クレール

 

○ タイプ:ロゼワイン
○ ピノ・ノワール100%

 

赤いベリーを思わせるフレッシュな香りと清々しい酸、アフターは軽やかでありながら、しっかりとした旨味を感じられるワイン。ピノ・ノワールをゆっくりとプレスして作る自然で贅沢なキュヴェは1年間ステンレスタンクで醸されます。
奇をてらわないベーシックな作りながらも、シャンベルタンからコルトンシャルルマーニュまで見事なワインを作り上げる Bruno CLAIRのロゼをぜひお試し下さい!


 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【ブルゴーニュ・注目の白ワイン・サントーバン】

第3回 フランス・ブルゴーニュ
【サントーバンSaint-Aubin】
『今、注目すべき産地と作り手、ピエールイヴ・コラン・モレイ』

★ Saint-Aubin、今、注目すべき魅力と実力!

所在地は、ピュリニー・モンラッシェ村とシャサーニュ・モンラッシェ村の間。
シャサーニュモンラッシェ村の北から脇にそれ、サントーバン村までの丘陵、標高約300〜350m(!)に広がり、 最も高い斜面は標高400mまで達しています。
ピュリニー・モンラッシェ村のグランクリュは約250m〜290mに位置している事からも、その標高の高さを感じ、比較して頂けることでしょう。

ワインジャーナリスト、ジャンシス・ロビンソン氏も地球温暖化とワインの未来を憂いている一人ですが、彼女はサントーバンに注目し、「冷涼な気候(標高の高さと地形)がワインの美しい酸を生み出す、注目すべき産地」と語っています。


★ Wine Naviではこんな生産者のサントーバンを取り扱っています。

  • ● Pierre-Yves COLIN-MOREY(ピエールイヴ・コラン・モレイ)
  • ● Marc COLIN(マルク・コラン)

*マルク・コランさんはピエールイヴ・コランさんの父親。ジャンマルク・モレイ(ドメーヌ)の娘カロリーヌさんと結婚し、2005年ピエールイヴ・コラン・モレイとして独立。


“今回おすすめするワインの生産者はこちら”



Pierre-Yves COLIN-MOREY[ピエールイヴ・コラン・モレイ]

彼のストイックなワイン作りは、栽培、醸造と徹底しています。
独立前、父、兄弟と一緒に働いていた頃から、化学合成物質を排したビオロジックを実践。
醸造過程でも、バトナージュを一切用いず、ブルゴーニュ伝統の250L樽よりも一回り大きい350L樽を使用。 それは、キュヴェ(発酵過程のぶどうの果汁)が余計な酸素と触れ合う事を極力避ける事によって、ワインをクリアで清澄な状態で熟成させるためです。
ボトルはキャップシールを排し、蝋封(樹脂)を採用している事からも、彼の哲学が伺えます。

*バトナージュとは
発酵過程で沈殿した澱と果汁を撹拌すること。撹拌するための棒(バトン)から来ている。
澱の旨味をより引き出し、ワインに移すことを目的としている。


〈蝋封の作業風景〉

ピエールイヴ・コラン・モレイのワインはブルゴーニュ・ブランも全て蝋封のキャップが採用されています。



≪ おすすめする1本です♥ ≫


2015 Saint-Aubin 1er Cru Les Champlots
Pierre-Yves COLIN-MOREY

サントーバン プルミエ クリュ レ シャンプロ
ピエールイヴ・コランモレイ

◎ タイプ:白ワイン
◎ 品 種:シャルドネ100%

 

栽培、醸造、ボトリング、一貫した彼の「哲学」が感じられるワイン。
美しい酸、豊かな果実味、力強く緻密な酒質は、今飲んでもその完成度に圧倒されるばかりですが、10年後、20年後の感動も約束してくれる、熟成が楽しみな1本です!


 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【シャンパーニュ・Delamotte Blanc de Blancs】

第2回 フランス・シャンパーニュ地方
【幻のシャンパーニュSALONの妹的メゾン・Delamotte】
『 製法も葡萄もとても贅沢!大切に育てられた箱入りお嬢様?!』

厳しい法律と条件に守られ、確立されたブランド

「シャンパーニュ」とはフランスのシャンパーニュ地方で作られ、かつ法律に規定された条件を満たした もののみが「シャンパーニュ」と名乗る事を許されます。
その条件とは、生産地域、ぶどう品種、製造法まで、厳しく徹底的に管理されています。
一番の魅力であり、特徴である「発泡」も、瓶内二次発酵という気の遠くなるような手間と時間のたまものです。

*瓶内二次発酵とは?
瓶詰されたワインに糖分や酵母を加え再び発酵させ、炭酸を作り出す方法。
ワインに炭酸を入れたり、タンクで発泡されたものは「シャンパーニュ」とは認められない。


Wine Naviではこんな生産者のシャンパーニュ(メゾン)を取り扱っています。

  • ● Billecart Salmon (ビルカール・サルモン)
  • ● Bollinger(ボランジェ)
  • ● Delamotte(ドゥラモット)
  • ● Jose Dhondt(ジョゼ・ドント)
  • ● Krug(クリュッグ)
  • ● Larmandier Bernier(ラルマンディエ・ベルニエ)
  • ● Laurent Perrier(ローラン・ペリエ)
  • ● Piper Heidsieck(パイパー・エドシック)
  • ● Taittiger(テタンジェ)
 

*シャンパーニュでは伝統的に生産者、製造元を「メゾン」と呼びます。
(メゾンはフランス語で「家、建物」の意味)

 

“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


Champagne DELAMOTTE[ドゥラモット]

幻のシャンパーニュSALONの姉妹的な位置づけのこのメゾン自体もメニル・シュール・オジェに
1760年からカーヴを構える由緒ある生産者です。 そのスタイルはピュアでエレガント。
特長である美しい酸と華やかな香りは徹底した栽培管理とこだわりの醸造に支えられています。

〈美しいコート・デ・ブランの眺め〉

【コート・デ・ブランとは?】
シャンパーニュの中には主要な葡萄産地が3つあり、その中でも質の良いシャルドネ種の産地として有名。
(他モンターニュ・ド・ランス地区、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区があります)


〈7月のシャルドネ。花が終わり小さく結実している。〉

コート・デ・ブランは「シャルドネの聖地」とも言われています。
その中でもメニル・シュール・オジェのシャルドネを贅沢に使ったのがDELAMOTTE BLANC DE BLANCなのです。



★おすすめする1本です★


NV DELAMOTTE BLANC DE BLANCS

ノンヴィンテージ ドゥラモット ブランドブラン

 

☆ タイプ:スパークリング 
☆ 品種:シャルドネ100%

 

通常NVの熟成期間は36か月ですが、ドゥラモット ブランドブランは48か月から60か月の間、澱と一緒にゆっくりと熟成されます。
軽やかでありながらしっかりとした旨味を感じられる味わい。
SALONの哲学を引き継ぎながらも、また違った魅力を持ったシャンパーニュです。
葡萄はグラン・クリュ〜 長い熟成期間を経たこだわりのシャンパーニュでありながらも、奥ゆかしくエレガントなDelamotteに癒されてみては?


 ► より詳細な情報はこちらから!



会員制ワインクラブWine Naviがお薦めするこの1本【ワインの王様・バローロ】

第1回 イタリア・ピエモンテ【バローロ】
『バローロ村の古き良き”職人”マルコさんのBaroloとは?』

Baroloはイタリア随一の高級ワイン銘醸地

バローロ村では約3000年前以上前よりワイン作りが行われていました。
長い歴史の中で、バローロは「The King of Wines,the Wine of Kings(ワインの王様であり、王様のワイン)」と謳われ、他では絶対に作られないたぐいまれなワインとして世界に認知されてきました。
ネッビオーロ種のみ使った単一品種主義、また、その長い長い熟成期間を要するワイン作りのため、その生産本数はとても限定され、大量生産とは程遠い工程が1本のボトルの中に集約されているのです。
現在はモダンでパワフルな作りの生産者と伝統を重んじる生産者が共存し成功している産地としても注目されています。

 

Wine Naviではこんな生産者のバローロを取り扱っています。

  • ● Casavecchia(カーサ・ヴェッキア)
  • ● Elio Altare(エリオ・アルターレ)
  • ● Eraldo Viberti(エラルド・ヴィベルティ)
  • ● Paolo Scavino(パオロ・スカヴィーノ)
  • ● Pio Cesare(ピオ・チェザーレ)
  • ● Poderi Aldo Conterno(ポデーリ・アルド・コンテルノ)


 

“今回おすすめするワインの生産者はこちら”


Marco Casavecchia[マルコ・カーサヴェッキア]

1700年代からカーサヴェッキア社はカステリオーネファレットに畑を持ち、その広さは約10ヘクタール。土壌は石灰を多く含んだ粘土質。 標高差の激しい土地に栽培された葡萄から偉大なワインは生み出されます。
伝統的な製法を用い、クラシックでエレガントなワインを作ります。

〈セッラルンガ渓谷にある畑〉

所有面積は小さいながらも、斜面と高低差から、質の良い葡萄が収穫される。
斜面は、より太陽の光を集め、水分(雨)を吐き出す為にはとても有効だが、剪定、収穫と、その労力は計り知れない。

 

〈収穫前、葡萄の手入れをするマルコさん〉

1980年代に起こったバローロ・ボーイズのムーヴメント。
現在は彼らも伝統派の手法に一部、立ち戻ったり、伝統派も新たなテクニックを取り入れたりと、新たなステージへと向かっています。
イタリアでも珍しい『単一品種主義』を貫くバローロの中で、マルコさんのような存在は若手からも、また、伝統派の生産者からも一目置かれる存在なのです!

 

“おすすめする1本です♪”


2007 Barolo Pianta di Castiglione Falletto Riserva
Marco Casavecchia

バローロ ピアンタ ディ カステリオーネ ファレット リゼルヴァ
マルコ カーサヴェッキア

 

○ タイプ:赤ワイン フルボディ
○ 品種:ネッビオロ100%
○ カテゴリー:DOCG

 

大樽の中でゆっくりと36か月間熟成された、クラシックでエレガントなワイン。
コルクを開けると紫色の花を思わせる濃厚な香りと複雑なスパイスのニュアンスが花開きます。
2007年はピエモンテは当たり年と高い評価を得ています。
熟成したネッビオロの深みと美しい果実味が魅力的なワインです!


 ► より詳細な情報はこちらから!

【お問合せ先】
株式会社ベネフィット・ワン 「会員制ワインサービス Wine Navi」運営事務局
〒100-0004 東京都千代田区大手町二丁目6番2号 JOB HUB SQUARE
info@wine-club.shop

このページのTOPへ